歯を白くする歯磨き粉マジック~簡単ホワイトニング治療~

治療

歯周病予防について

歯

歯周病を予防するためには、普段のオーラルケアが重要となります。オーラルケアの基本的なステップが、毎日の歯磨きです。この習慣を徹底することで、歯周病やむし歯はかなりの確率で予防することが出来ます。この時にどのような歯磨き粉を選ぶかも意外に重要です。最近では様々なタイプの商品が販売されており、目的に合わせて選ぶことが出来ます。 歯磨き粉の効果は配合されている成分によって決まってきます。歯周病菌の繁殖を抑える殺菌成分や歯を強くするフッ素などが、多く使用されている成分です。商品によっては、出血を抑えたり炎症を鎮める成分が配合されていることもあります。こういった様々な成分が配合された商品を上手に使い分けることで、現在では症状に合わせたオーラルケアが可能です。

オーラルケアは、年齢を問わず必要になる体のメンテナンスです。このようなケアで口の中の細菌を出来るだけ減らしておくことが、全身の病気を予防するためにも必要になります。特に抵抗力の落ちている高齢者や病気療養中の方の場合には、オーラルケアは合併症を防ぐためにも重要です。 歯周病を抱えていると、心臓を始め様々な部位の感染症にかかりやすくなることが分かってきています。口の中の細菌が体内に入ることで、他の臓器の炎症のリスクが上昇することが一因です。口腔内の環境が悪くなると食事も通常通り出来なくなることから、高齢者の場合認知症などを発症してしまうこともあります。従って、オーラルケアは、健康を維持するためにも必要です。