歯を白くする歯磨き粉マジック~簡単ホワイトニング治療~

治療

失った歯を補う知識

既存イメージからの脱却

歯科

部分入れ歯というと1種類しかないと思うのかもしれませんが、現在は様々な部分入れ歯が存在しています。 従来の部分入れ歯はフックが金属ですが、金属ではなくプラスチックの部分入れ歯も存在しています。そして、フックの素材が異なるだけではなく、色も異なり、歯や歯茎と同色となっていますので、装着しても目立たないようになっています。 また、従来の部分入れ歯は造りが華奢なので、どうしても壊れやすいのですが、壊れにくいように強度を増した、頑丈な部分入れ歯もあります。壊れにくいだけではなく、取れにくいようにもなっています。 更には、一般的な部分入れ歯は噛む能力が天然歯の20〜30%しかないのですが、50%程度まで噛む能力を再現できる部分入れ歯もあります。

医療費控除を利用

このように様々な種類があるので患者は選ぶことができるのですが、注意すべき点があります。それは、保険適用となるのは、従来の部分入れ歯だけだということです。高性能な部分入れ歯は保険適用外となりますから、選んだ場合、費用はすべて自己負担となってしまうのです。その費用は非常に高額であり、50万円くらいになってしまう場合もあります。 但し、対応策がないわけではないのです。医療費の負担が大きい場合、所得控除の1つである医療費控除が受けられますから、その制度を利用すれば良いのです。 医療費控除は、年間に10万円以上医療費の支払いがある場合に受ける権利があります。医療費控除を受ければ、一部の税金が還付されますから、高額な治療費の負担は軽減されます。